「最新の銀行事情」の銀行の種類のページです。

銀行の種類

多彩なタイプの銀行

銀行 カードローンこれから社会に出る人、もしくは親元を離れて独立する人がまず最初にしなければいけないことは、自分の銀行口座を開くことです。公共料金の支払いや給料の振込など、現代社会で生活をしていく上で、銀行との付き合いはなくてはならないものになりました。そのように考えると、自分のメインバンクをどこにするかというのは実はとても大事なことと言っていいでしょう。
そのためには現在の銀行にはどんな種類、タイプのものがあるか知っておく必要があります。まず日本を代表する銀行である都市銀行から見てみましょう。
昔はそれなりに数がありましたが、今は3大メガバンクと言われるものにほぼ集約されました。特徴は全国に支店があり、全国規模で営業していることです。次に地方銀行や第二地方銀行と呼ばれるものです。各都道府県などで地域に根ざした銀行で、限定された地域を営業基盤としている普通銀行になります。

個性的な銀行も登場

ちょっと変わったところでは、信託銀行があります。このタイプの銀行は通常の銀行業務以外に、個人や法人の信託業務を請け負うことを事業基盤にしている銀行です。さらに信用組合、信用金庫も金融機関として地銀よりさらに小さなコミュニティに根ざして営業しています。他には海外から参入した銀行や、日本の銀行を外資が買収して営業している外資系銀行、さらに日本郵便が経営する銀行やJAなどが経営する銀行もあります。
さらに新しいタイプではインターネットに特化したネットバンクや異業種から参入した銀行も今は珍しくありません。流通系やネット通販系、証券系などの銀行が目立ちますが、それぞれに強みを持った個性的な銀行が多いのが特徴です。こういった多彩な銀行が営業している現在ですが、どの種類の銀行が自分のライフスタイルに合っているか判断して、自分の口座を開くことになります。